読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

み ん な の c a w a i i 日 記

「 毎 日 に 感 動 や 喜 び や 幸 せ を 」 み ん な と c a w a i i で つ く る そ ん な 日 々 の 記 録

【スタッフコラム 素敵な女性に】

スタッフコラム

少し日が経ちましたが…

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆さま、年末年始はどのように過ごされましたか。

私は、久しぶりに母とゆっくり話をしてきました。

話の中で、母の通うフィットネスクラブの友人の話にとても感銘を受けました。

ある日母の友人は、パーソナルトレーナーをつけて、身体を鍛え始めたそうです。

もうすでにスタイルのいい彼女がなぜだろう?
母は友人にたずねました。
すると彼女は少し恥ずかしそうに、

とてもかわいいビキニを購入して。
そのビキニをカッコ良く着たいから、そのために体を鍛えようと思って。

そう答えたそうです。

すごい素敵!!

さらに素敵なのは、彼女は母よりも年上の70代の女性だったのです。

驚きながらその話を聞いていた私は、ふと自分がウェディングドレスを着た時の気持ちを思い出していました。

 

 

f:id:cawaii2007:20160112152149j:plain

 


一生に一度着るドレスを一番綺麗に着たい。

仕事が定時で終わった日は一駅、または二駅手前で降りてウォーキング。
残業後も、自宅で当時流行っていたブートキャンプに入隊し、ほぼ毎日汗を流しました。

自分の体に合うドレスを選ぶのではなく、
大好きなドレスが似合う自分になれるように努力をする。


子どもを産み、体型が変わる…
年を重ねるごとに痩せにくくなる…

近頃では様々な体の変化に気持ちだけがついていけず、あきらめに似た感情と、たくさんの言い訳を重ねて、自分の体に合う服を着ていました。

素敵な女性になりたい。
年齢なんて関係ない。
大好きな服が、かわいい服がもっと着たい。

自分の体に合う服を選ぶのではなく、
大好きな服が似合う自分になれるように努力をする。

この話と出会えた事に感謝し、内面を外見を磨き、大好きな服がいつまでも似合う自分でいられるように努力をしていきたいと思います。

皆さまの2016年が素敵な年になりますように。

ayako