読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

み ん な の c a w a i i 日 記

「 毎 日 に 感 動 や 喜 び や 幸 せ を 」 み ん な と c a w a i i で つ く る そ ん な 日 々 の 記 録

【スタッフコラム】85歳の現役スーパーモデル!

JRの大阪駅中央改札口を出ると、

美しいモデルの大きな広告写真がパッと目に飛び込んでくる。

 

ただ、美しいだけではない。

エレガントでゴージャス、知性的。

満ち足りたような口元の笑み。

 

そして何より圧倒的な存在感とともに

ほとばしるような情熱を周囲に解き放っている。

何度立ち止まって写真を見続けたことか。

 

f:id:cawaii2007:20170502012940j:plain

  

名前はカルメン・デロリフィチェ。

85歳にして現役であり続けるベテランモデルのカルメンは、

1931年にニューヨークシティーに生まれ。

4カ国のヴォーグの表紙を、史上初の15歳で務め、

1940年代には画家ダリの被写体となり、

数々の活躍を経て85歳の現在まで70年のキャリアを築いてきた。

その間、優雅さをもつ彼女は常にモデルの新たな領域を切り拓いてきた。

85歳になった今もファッション誌のカバーを飾り

ハイブランドのランウェイを歩く現役のスーパーモデル。

そして最近では高齢女性の活躍を彼女自身が体現し、

現在でもモデル業界のアイコンとなっている。

 

f:id:cawaii2007:20170502014702j:plain

PERSOLという人材派遣会社をはじめとしたグループ企業広告なのだけれども、こんな広告なら大歓迎。2017年3月25日~TVCMともに大規模全国展開中。いつまで見られるかな。

 

f:id:cawaii2007:20170502015050j:plain

カルメン・デロリフィチェの写真がいくつも柱に。男性の写真はコンピューター産業の基盤を作ったスティーブ・ウォズニアック。カルメンとスティーブ、二人の写真がJR大阪駅構内あちこちに貼られている。

 

TVCMと連動した広告写真なので、

コマーシャルの方を見たことがある人がいるかもしれない。

 

カルメンは若い頃、モデルとしてあまりパッとせず、

モデルをやめていた時期もあるそうだ。

今や世界中のモデルたちから憧れられるような存在になっている。

そんなエピソードにもちょっと勇気づけられる。

 

顔のつくりがいいとか悪いとか

そんなものは超越してしまって

彼女の生きざまそのものが姿かたちに映し出されていて、魅せられてしまう。

心の奥深いところにぐっとくる。

 

何も諦めなくてもいい。

心から笑える自分でいられるよう

自分がやりたいことをやればいい。

心が満たされること、魂が喜ぶことを自由自在に。

カルメン・デロリフィチェのように

心から満足して笑っていられる、そんな自分になりたい。

彼女の大きな広告写真を眺めていると、素直にそう思えてくる。

 

 

スタッフAKIでした。

 

 

 カルメン語録

 

■「私はまだ描きかけのキャンパス、生きている間は未完成のままよ」 

~カルメン・デロリフィチェ

 

■<TV-CMストーリー 「はたらいて、笑おう。カルメン」篇>より

 

Many people are amazed, “How do you keep doing that? You have so much energy.”

周りの人に驚かれるわ。なぜ精力的に続けられるの?"と

 

But it was a passion. It wasn’t something I had to do.

It was something that I was privileged to choose to do.

その源は"情熱"よ

義務なんかじゃなく本当にしたいことだから

 

I understood that I was universe that I was in charge of.

私は学んだの。"自分の世界は変えられる"と

 

We all have a freedom to redesign our lives,

人生は自由に再構築できるのよ

 

and I’m still doing that. I’ve never finished.

今でもやり続けているわ。私に終わりはないの