読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

み ん な の c a w a i i 日 記

「 毎 日 に 感 動 や 喜 び や 幸 せ を 」 み ん な と c a w a i i で つ く る そ ん な 日 々 の 記 録

【スタッフコラム】プレミアムフライデーって?




一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

プレミアムフライデーとは。



日本国政府および経済団体連合会を中心とした、経済界が提唱・推進する、毎月末金曜日(フライデー)に、普段よりもプレミアムな生活を推奨する個人消費喚起キャンペーン。午後3時(15時)に仕事を終えることを奨励する働き方改革とも連携し、給与支給日直後に該当しやすい月末金曜日には、夕方を買い物や旅行などに充てることを推奨している。2017年平成29年)2月24日より実施された[1]


ウィキペディアより抜粋。

一一一一一一一一一一一一一一一一一一一


楽しむことを国家レベルで真剣に取り組むという解釈で良いんでしょうか??






感覚では、プレミアムフライデーって、昔で言う「花の金曜日」略して花金の21世紀盤なのでは?

若い方は花金なんて言葉は知らないかもですね。



私も今よりは若かった、20代前半の頃は保育園で働いていたため、全く化粧っ気もなく、ジーパンとトレーナーで毎日往復するだけの日々。

仕事帰りにどこかへ遊びに行く楽しさを知らないし、興味もないし。。。

面白味の無い人間でした。




いまだに花金って何?ですよ。

楽しみ方を知らないんですもの。

今思えばモッタイナカッタナァ。。。。。





とにかく。大人になって、華やかな生活をしている独身の方や働き盛りのお父さんが仕事を終えてからプライベートを謳歌するものかなと思っていました。




最近風のウワサで耳に入ってはいたプレミアムフライデー。

主婦の私とプレミアムフライデーって?

いやぁーそんなの関係ないない。

自分には遠い出来事と思っていました。




しかし、波がこちらまで押し寄せて来てとうとう今月からウチの会社でも導入されるようです!




ありがたい!

ありがたいのですが、楽しみ方を知らない人間にはどうしたらよいものか。。。。



私にもプレミアムフライデーがくるのかしら??

いやいや、それでもちょっとだけ早く家に帰るだけで、家の用事を余裕をもって出来るくらいでしょう。

それでもありがたいよなぁ。

それくらい頭の片隅にチラッとかすめたくらい、興味の無い話しでした。






しかし先日、同じ主婦仲間の職場の方と談笑中にまたしてもプレミアムフライデーの話題が!




私はすっかり存在を忘れており、話の途中までスーパーフライデーだと勘違いしており、

なんだか間抜けなネーミングのまま呼び続け、ズルズルなまま話題に入っていきました。





そこから皆で、いかに真面目にプレミアムフライデーを有意義に楽しむかを真剣に考えることになりました。




こういうくだらないけど、前向きなくだらない話大好きなんですよね。

白熱したセッションがはじまりました。






一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一


「主婦は早めに仕事を切り上げても家事時間が繰り上がりするだけ」


「確かに。。。」


「じゃあどうプレミアムなフライデーを楽しむか」


「主婦にとって朝が一番バタバタと大変。だから逆に、仕事時間をちょっと遅らせてみては?」



「それは嬉しい!それで楽しむなら。。。」



「モーニングなんてどう?」



「主婦にとって朝ゆったりとお茶が出来るなんて贅沢だね。いいね。」



「モーニングなら、普段お家のあり合わせで済ませてしまうところを、お金を使うから経済も回って社会的にもいいんじゃ!」



「モーニングを働く主婦も使うようになれば、店がお客を集めるために、いろいろメニューを考える知恵を出して行くかも」



「モーニング界が賑わい、私たちも充実したモーニングを味わうなんてお互いいいところだらけなんじゃ。」


一一一一一一一一一一一一一一一一一一



すごくいいねー。とワイワイ妄想が膨らみました。



プレミアムフライデーはいろいろな可能性を秘めている気がしてきました。

ドキドキ。。。。

もしこの声がウチ会社の上の方に届くのならば是非ともご検討いただきたいくらいです。





皆さんならプレミアムフライデーをどう有効活用されたいですか?





社会が楽しくなるヒントがありそうな予感ですよ。







f:id:cawaii2007:20170510235718j:plain



なかなか出来ないモーニング。

この前偶然にも機会に恵まれて、いただいたカフェのフレンチトーストモーニング。

とっても美味しくて、嬉しくて。

贅沢な1日の始まりでした。






スタッフ        noecco