読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

み ん な の c a w a i i 日 記

「 毎 日 に 感 動 や 喜 び や 幸 せ を 」 み ん な と c a w a i i で つ く る そ ん な 日 々 の 記 録

【スタッフコラム】花見

みなさんお花見行きましたか?


会社ではチームわかれてですがお花見を計画中です。


なかなか撮影だったり買付けだったりで日にちがあわず…

 

桜が散った後になりそうだと話しています。



今年は寒かったなって思っていたら急に暖かくなり暑くなったり。

 

気がつけば4月、桜いつの間にか咲いていて…


土日は雨が降りなかなか花見行けませんね。


意外と桜に合わせられず、家族の花見もできていません。

 

近くの公園で桜が咲いていたので写真を撮ってみましたが

 

天気が悪く今にも雨が降りそうでした。

 

子供は綺麗だねって見ていました。

f:id:cawaii2007:20170410165149j:plain

この前テレビで見かけたのがエアー花見。


天候気にせず花見を楽しめるとやっていました。


できれば、本物の花見がいいですよね。


みなさんはどんな人、仲間で楽しみましたか?

 

moriスタッフ  なお

 

【スタッフコラム】私に気づきをくれるもの

アートが好きであちこち足をのばしています。

 

先日、

アジア最大といわれる美術品の展示即売会に行ってきました。

といっても、もちろん見るだけです。

 

最近は美術品といっても油絵や彫刻だけでなく、

映像やパフォーマンスなど、

ビックリするようなものが美術作品として

販売・展示されていたりします。

 

ちょっと面白そうなものをいくつか紹介しますね。

f:id:cawaii2007:20170410185841j:plain

棺桶に入った等身大の本物そっくりの人形、すっごくリアルです。本物の人間がパフォーマンスしているのかと思ったくらいです。

 

 f:id:cawaii2007:20170410190023j:plain

 蛍光灯を繋げただけに見えるオブジェ。雲をイメージしているのでしょうか。分かりません~

 

f:id:cawaii2007:20170410190152j:plain

本物の動物のはく製に透明アクリルボールをいくつもつけたオブジェ。見入ってしまうくらい美しいです。関西在住の日本人作家の作品。

 

f:id:cawaii2007:20170410190331j:plain

数億はくだらない…と思うピカソの作品。値段はついていなくて、「聞いてね」って感じでした。聞けませんよ~。もちろん本物です。 

 

f:id:cawaii2007:20170410190637j:plain

鏡状の床面に映っている部分、場所や空間全体も含めてアート作品。

 

 

たくさんの作品、いくつものプログラムのなかで、

特に気になったものがありました。

「Twenty-Five Minutes Older」

という特別プログラムです。

 

これは、展示会場の外、

実際に街中を走るトラム(路面電車)に乗って

実際に移動しながら体験する、

なんとアート作品!!なのです。

早速申し込んで、集合場所へGO!

 

f:id:cawaii2007:20170410190602j:plain

 f:id:cawaii2007:20170410190832j:plain

 集合場所に着いてびっくり。とってもお洒落なレストラン。夜には華やかな人たちが集う場所でした。

 

f:id:cawaii2007:20170410191023j:plain

テラス部分もゆったりラグジュアリーながらもちょっとカジュアル。素敵なしつらえになっていて話が弾みそうです。このレストランの前の通りを走るトラムに乗り込みました。

 

f:id:cawaii2007:20170410191302j:plain

車体も特別仕様になっていて遠くからでも一目でわかりました。2階部分に上がると電車内は真っ暗で、映像とナレーションのみ。

 

行き交う時間と人と街。

トラムの動く音と振動。車や街の雑踏。

乗り合わせた人たちの時間と人生。

 

様々なレイヤー(層)がどんどん折り重なっていきます。

 

f:id:cawaii2007:20170410191400j:plain

街中を走る「Twenty-Five Minutes Older」のトラム。

 

 

トラムに乗っていた25分間、

いつもとは違う時間の流れの中にいました。

 

暗闇の中で、

キラキラ光る大切な記憶や大事にしていること、

色んな思いがどんどん湧きあがって来て

忘れていたことがどんどん思い出されて

宝物をもらったような時間。

 

それをそのまま、あの場所に、

トラム(=タイムカプセル)に詰め混んできました。

素敵な体験でした。

 

多分、その路面電車に乗り合わせた人たち

それぞれの体験があったと思います。

 

作者(アーティスト)と観客とスタッフ、

トラム、ナレーション、

街の時間と街の人々の生活、

皆がその場に居合わせたこと

そのシチュエーションで

起こりえた出来事と体験。

 

あるひとつの出来事、空間、時間を共有した人たち。

 

 

現実もおんなじだなと思いました。

 

私たちは日々関わりあいながら、

前に進もうとしている共同体なのだと。

 

それが生きるってことなのかも…。

 

そう思ったら、職場や友人、家族の面々が浮かんできて

感謝の気持ちがあふれてきました。

 

f:id:cawaii2007:20170410192042j:plain

 

 単なる25分後なのではなく、

ある素敵な経験を重ねた25分。

 

だから、

Twenty-Five Minutes After 

ではなく

Twenty-Five Minutes Older 

 

アートの魔法にまたかかってしまったみたいです♪

 

 スタッフ AKI でした。

 

 

【スタッフコラム】懐かしい昭和

岡山県に行く途中、目に付く建物。
フラッと入れば昭和の懐かしい物がたくさん!!

今はiPhoneスマホが当たり前だけど
便利な世の中になったけど、前は公衆電話が
当たり前だったんだな~

たくさんあった公衆電話も今はあまり
見かけない…公衆電話を探す方が時間かかる。

新しい物、便利な物に人はすぐに
慣れるけど不便さには慣れないんだね…

何でも慣れると当たり前になるから
そうならないように気をつけよ~

f:id:cawaii2007:20170405114505j:plain