読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

み ん な の c a w a i i 日 記

「 毎 日 に 感 動 や 喜 び や 幸 せ を 」 み ん な と c a w a i i で つ く る そ ん な 日 々 の 記 録

【みんなにとっての心の豊かさとは】心が優しさに包まれる時

心が優しさに包まれる時

 

 

お世話になります。

 メルマガ、拝見させていただきました。

 人とのつながり、本当に大切ですよね。

 どんな形にも 大きい 小さいは なく 温かいですよね。


 それでは、

 「心の豊かさを感じた」出来事を お伝えさせていただきますね。


 私には、二人の甥っ子がいます。

 今は、上の子は、一年生になりました。

 その子が、3歳の時に、下の弟が 生まれました。

 

 おやつの時間になると

 おやつが、大好き なのに、

 弟のベビーベッドへ、「はい これ たけるのおやつだよ」って

 自分のおやつを何時も分けて、

 眠っている弟の顔の横に おきます。

 

 おにいちゃんなんだなぁって ほっこり 優しさを貰いました。


 二つ目のエピソードです。

 一年生の甥っ子くんが、2歳の時です。
 
 おやつの時間になると

 大人達とテーブルを囲います。

 彼は 凄く 楽しみで 

 みんなが 笑ってること 楽しんでることが

 とても 大好きな 子どもなんです。

 

 彼の前に おやつが やってきます。

 すると、隣にいた私に 

 ね―ね(私の呼び名です) あげるって

 少しのおやつしか ないのに

 ラムネを3つくれたり

 反対側にいたパパにも あげるって

 みんなに 自分のおやつを プレセントしてしまうんです。

 

 私は、何時も ありがとうって 言って

 みんなに あげると おやつ なくなるよって 

 彼のお皿を 一緒に 見るんです。

 

 すると、彼は

 いいの みんなで わけっこが おいしいのって言って

 少なくなっ た お菓子を 美味しそうに食べて 

 ニコニコしておいしいね―って 笑ってるんです。

 

 分けっこしたみんなと 

 一緒に食べる喜びを味わってるんです。

 

 なんて 優しい子なんだろうって 思いました。

 困っている子が いると 助ける子に なるんだろなと思いました。


 最後の一つです。

 今、小学一年生となった彼が

 クラスのお友達と一緒に 3歳の弟もつれて

 遊びに行きました。

 

 お友達とは 自転車に 乗って走り回ってます。

 一年生のお兄ちゃんは

 泣いて家に帰りました。

 

 どうしたのと尋ねると

 友達みんな 自転車にのって

 弟だけ おいてく 一緒に 遊んでくれないって

 大泣きでした。

 

 お兄ちゃんの彼は 弟がとても大切で

 大好きなんです。

 なので とても 悲しかったのだと思います。

 

 自分の弟だけ おいて 自転車にのって

 遠くへ行ってしまう 友達を見ることが 

 悲しかったのと 悔しかったのだと思います。

 

 彼の優しさに、私 は 何時も心が優しさに包まれます。

 愛を持ってる彼が とても素晴らしいと思います。

 心を豊かにしてくれる彼が とても愛おしです。


 今時、皆自分の事で 精一杯の世の中です。

 けれど、こうして大切なことを 小さな子供達から

 小さいも、大きいもなく、教わります。

 純粋な子どもたちから、豊かな心を貰ってます。


 大人も子供も、心、豊かになれる社会でありますように

 この子達が、大人になっても 

 豊かな心が、汚されないことを願っています。

 

 大人は 子どもに教え るだけでは ありません。

 子どもから 教わることの方が 多いと思います。

 

 大人だからこそ、

 人を思いやる心、愛する心を持っていてほしいです。

 そして、美しい世界を広げて行ってほしいです。
 
 長くなりましたが、私の心が豊かに感じる出来事でした。

f:id:cawaii2007:20160302102538j:plain

 

----------------------------------------------------------------------------


【みんなの心の豊かさ共有会】について

メルマガ会員の皆様限定で、「心の豊かさ」について考えるというお話をさせていただくとともに、皆さまもぜひ一緒に共有してみませんか。と呼びかけさせていただきました。今回は頂いたお客様からの共有エピソードの一部をご紹介させていただきます。心の豊かさを感じる瞬間が皆さまの日々にたくさん訪れることを願っております。


----------------------------------------------------------------------------